こんばんは。

たまかぶ管理人です。

 

本日は、前日比【36倍】の出来高を記録した[6478]ダイベアをご紹介したいと思います。

これだけ売買が殺到した理由は何なのか・・・その出来高急騰の裏側に迫っていきたいと思います。

 

まず注目したいのは31日取引終了後に出た以下のIR

ジェイテクト<6473>は31日取引終了後、ダイベア<6478>の完全子会社化を目指し同社へのTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。TOB価格は1株につき1410円。買い付け予定株数は477万419株で買付金額は約67億2629万円。下限は186万4500株。買い付け期間は11月5日~12月17日まで。買い付け予定株数の上限は定めておらず、ダイベアは上場廃止となる見込み。ダイベアはTOBに同意している。

 

『TOB』とは「株式公開買付」のことで、簡単に説明すると

  • 目的の銘柄の 「株式」 を取得するために、
  • その買付内容を 「公開(宣言)」 し、
  • 金融商品取引所を通さずに不特定多数の株主から 「買い付ける」。

この行為をTOB(株式公開買付)と言います。

つまり今回は[6473]ジェイテクトが[6478]ダイベアを完全子会社化するために、ダイベアの株を1株=1410円で買いますよ、と宣言したということです。そしてこれによりダイベアは上場廃止となることが決まりました。

 

[6478]ダイベアの業績

ダイベアは堅調な成長を続けており、管理人はバリュー株として投資候補に入れておりました。

 

[6478]ダイベアのチャートはどうだった?

しばらくヨコヨコの展開が続いていましたが、10月半ばから株価が上昇してきたことが分かります。ここでTOBの噂が漏れた可能性がありますね。

 

ちなみに新生ジャパン投資ミリオンストック投資顧問が同じ日に[6478]ダイベアを推奨していたことは知っていますか?

 

こちらをご覧ください。

新生ジャパン投資 6月12日の無料情報 ミリオンストック投資顧問 6月12日の無料情報

 

両サイト共に、業績面に着目した推奨理由を挙げているのが分かります。

 

新生ジャパン投資、ミリオンストック投資顧問、共に無料情報で突出した成績を叩き出していることは、たまかぶ読者の皆様ならご存知でしょう。

 

 

上記だけではありません。

 

新生ジャパン投資 本日の高値更新銘柄

コード 銘柄 紹介日 紹介日始値 高値日 高値 騰落率
2307 クロスキャット 18/10/30 1,083円 18/11/1 1,428円 31.86%
3195 ジェネレーションパス 18/10/25 688円 18/11/1 888円 29.07%
3541 農業総合研究所 18/10/24 3,310円 18/11/1 4,075円 23.11%
7826 フルヤ金属 10/9/21 5,440円 18/11/1 7,130円 31.07%
2173 博展 18/8/13 1,050円 18/11/1 1,519円 44.67%
6478 ダイベア 18/6/12 1,088円 18/11/1 1,404円 29.04%

 

ミリオンストック投資顧問 本日の高値更新銘柄

コード 銘柄 紹介日 紹介日始値 高値日 高値 騰落率
3186 ネクステージ 18/8/29 744円 18/11/1 1109円 49.06%
4397 チームスピリット 18/9/19 1,812円 18/11/1 2942円 62.36%
6478 ダイベア 18/6/12 1,088円 18/11/1 1404円 29.04%
9820 エムティジェネックス 18/11/1 12,680円 18/11/1 16100円 26.97%

 

 

優良銘柄をお探しなら、株サイトを有効にご活用されてみては?

これだけ連日急騰する銘柄を先読みしているのですから、この両サイトが薦める無料情報には「情報あり」の可能性があるのでは・・・と考えてしまうのも無理はないですよね。

相場も徐々に落ち着きを取り戻してきた感があるので、このタイミングで優良銘柄を無料もらうのが吉ではないでしょうか。

▼無料登録で大化け候補株もらえます

有限亭玉介氏が『新生ジャパン投資』の無料情報を活用したデイトレ結果を公表中

 

10月30日のデイトレ結果
約12万2000円ゲット!
10月25日のデイトレ結果
約15万2000円ゲット!
10月23日のデイトレ結果
約5万1000円ゲット!
10月18日のデイトレ結果
約2万2000円ゲット!
10月12日のデイトレ結果
約3万5000円ゲット!
10月3日のデイトレ結果
約5万7000円ゲット!
9月25日のデイトレ結果
約4万8000円ゲット!

 

Twitterでは有益なデータなどをリアルタイムでお届けしています

こちらの記事も読まれています